301リダイレクトを活用しよう

リダイレクトを活用する場面は、いくつかあって
サーバー引越しに伴う、大掛かりなURLの変更であったり、
そもそも、URLのアドレスを変更したなどと言った場合は、301リダイレクトです。



その他にも、ちょっとした箇所で、ページ名を変更したい場合、
重複したページを、統一させたい場面もあるかと思います。



重複のページは、SEOにとっても、良くない事はご存知かと思います。
ですので、Googleのウエブマスターツールでも、301リダイレクトを勧めています。

GoogleはURLの正規化を「301リダイレクト」を推奨!



で、301リダイレクトの方法は、
一般的には、「Googleウェブマスターツール」で、wwwの有り無しを設定するとか
「.htaccess」ファイルを使って、URLの正規化を図る事になります。




詳しい設置方法は、
こちらのwebサイトの、
リダイレクト(転送)の有効活用 を確認して下さい。



QHMでは、簡単に行える、

リダイレクト(転送)機能があります。

ただ、QHMのホームページ作成ソフトは、簡単に301リダイレクトを、
設定する事が出来てしまいます。



コンテンツ内(ページ内)に、ちょこっと「おまじない」を書くだけで、
301リダイレクト、若しくは、302リダイレクトの設置が可能になります。



URLアドレスの変更とか、大量にある場合は、
「.htaccess」の正規化が望ましいですが、

ちょっとした場面でのリダイレクトとしては、十分役立ちます。




例えば、
同じような、コンテンツ(ページ)が存在するので、
そのページを片方のページに、301リダイレクトさせたい場合があると思います。

そう言った時に、ページの先頭に、次のような「おまじない」を書きます。

#redirect(ページ名,301)


で、このページ名に、転送したページの名前を書いて、301と指定すれば、
301リダイレクトとして、転送されます。



もちろん、重複した同じページがある場合も、

#redirect(ページ名,301)

で、301のステータスコードとして認識します。

と言うことですので、
http:// ○○○.com/・http:// ○○○.com/index.html



などと言った、複数のTOPページが存在する場合でも、
301リダイレクトが望ましいです。



  • 302リダイレクトを用いる場合
#redirect(ページ名,301)←この301を302に変更
#redirect(ページ名,302)

302に変更すると、302のステータスコードを返す事になります。



301ステータスコード・・・・ 新しい場所へ完全に移動されたい時に、返されるステータスコード
302ステータスコード・・・・ 一時的に別の場所に移動したい時に、返されるステータスコード



と、役割が異なってきますので、
302は、一時的です。



大体、7日間から10日間位が妥当と言われています。
ので、それ以上は、301で返した方が良いです。



ですので、一時的なので、
例えば、ページの作成中の間、時間が掛かる場合は、一時的に302ステータスコードを使って
トップページに転送するとか、そう言った形で、使うことになります。



注意しないといけない事は、
あくまでも、関係性(同じ内容)のページを301を返す事ですので、
むやみやたらと、301のステータスコードは、スパム扱いになる可能性もあります。



この事だけ、気をつけて、301リダイレクトを活用します。

404のステータスコードについてですが、

QHMでは、ページの削除をしたりすると、自動的に、QHMのコンテンツの中で、
404エラーを返す形になります。

QHMの404リダイレクト


この様に、404のステータスコードとして、
QHMのコンテンツの中で表現してくれます。



TOPページに促す文言と、メニュー欄・サイドバーがあるので、
万が一、削除等のページにアクセスされても、他のページに誘導できます。



通常は、サーバーとか、ブラウザーの404が表示されてしまいます。
ですので、ユーザーの利便性が無いので、直ぐに閉じられたりします。




こんな感じ・・

 エックスサーバー                ブラウザー
エックスサーバー  ブラウザー

もちろん、「.htaccess」を使って、
404のステータスページをカスタマイズする事もできます。

が、ちょっとメンドクサイです。



そういった意味では、自動的に、QHMの404エラーページが表示されるので
ユーザーの利便性が最適になる、QHMは、お利口ではないでしょうか