QHMのカスタマイズは意外と簡単

カスタマイズ

QHMは「CSS・HTML」を知らなくても、
Webサイトを作れちゃう、初心者に優しいホームページ作成ソフトなんですが



実は、カスタマイズ性にも優れていて、



まぁ、「PukiWiki」のWikiシステムを、デースに作られてるので、
カスタマイズできるのは、当然かもせれません。



でも、カスタマイズするイメージって、CSS、いわゆるスタイルシートを、
修正するって思ってませんか



普通は、スタイルシートを修正して、変更することになるのですが
もちろんQHMも、スタイルシートを修正して、カスタマイズを行います。



ちょっと違うのが、スタイルシートをいじらなくても、
編集画面で 「CSS」の定義を指定して、反映させることが出来ると言うことです。



ですので、わざわざ、スタイルシートを修正しなくても、良いですので、
結構、手軽に、カスタマイズできますね



カスタマイズって聞くと、「あぁ、自分はCSSなんか、わからないから無理」
って、思う方も多いかもしれませんが、

極端に、毛嫌いすることもありません。



CSSを全く知らないより、多少分かってる方が、スムーズにいくかもしれませんが
少しずつでも、いじることで、結構理解していくもんです。



それに
QHMのカスタマイズする方法など、紹介してるサイトも多く見受けられますし

当サイトも、
QHMユーザーの為のカスタマイズ|小技から大技までテクニック」を公開しております。



また、販売者が提供してる「QHMユーザーフォーラム」にも、
いろいろ紹介されてますね



という事なんで、公開されれるCSSの定義を、QHMの編集画面に書き込むことで、
様々な、カスタマイズを、手軽にできちゃいますね


スタイルシートをいじらなくても手軽にカスタマイズ
QHMは6パートデザインが主流ですので、
「編集画面」か「ナビ2編集」で定義することで



そのページだけに定義するか、全てのページに反映させるか、
異なることができます。
デザインなど、好みに合わせて作り変えること が、簡単ですね



ただ、QHMのデザインは、129種類あって、
それぞれのスタイルシートのスタイルが異なってますので、

同じ、CSSの定義が当てはまらない場合があるので、
初めてカスタマイズを試すとなると、なれるまで、戸惑うかもしれませんね

全く、紛らわしいことはしたくないという方は、
QHMでは、「Quick Designer」と言う、有料(8,000円)ですが、
QHMのデザインテンプレート編集ツールも用意されてますね



僕も、持ってますが、ツールを使って、
お好みに合わせたカスタマイズをするので、非常に簡単です。



その他にも、 クオリティ の高い、1カラムのテンプレートも頂けますし、



独自で カスタマイズする方法を、動画で解説されてますし、
WordPressで提供してるテンプレートを、QHMで使える方法など解説してくれてます。



僕も、全くCSSや、HTMLなんか、理解すらしてませんでしたが、
ここで、少しは学べました。



何れにしても、あまり、デザインに固執してしまって、
時間を使いすぎるのも、本末転倒になってしまいますが

QHMでは、意外と簡単に出来る方法も紹介してるので、
参考にしてみて下さい