ライティング「書けない」が「書ける」に変わった1つの岩盤

コピーライティング

「ブログ・サイトやメルマガにしろ、書く事が大きなシェアを持つので、ライティングを気にしてる方も多いのではないでしょうか?

ライティングとは、文章の表現に最適化された手法(テクニック)ですよね

でも、ブログを更新していると、自分ブログは読みやすいんだろうか?
読む気が無くしてるんでは無いだろうか(´;ω;`)

ふと、思い立つことがあります。


ライティングテクニックは必要?
「ライテイング・文章力」等で検索してみても、たくさん情報は出てくるんですけど、大体同じようなことが書かれていて

コピーライティングは難しいと思ってませんか?
学歴が無いとダメだと思ってませんか?
何年も勉強しないといけないと思ってませんか?

私もそんな風に思っていました・・・・・・


見たいなことから始まって、

あなたは、小説家を目指してるのではないので、・・・・・・
ですので、このテクニック・・・・うんぬん


こんなような、サイトが多くあります。
でも、文章力を「テーマ」で記事を書いていても、商材を紹介していても、
結局、真似てる内容が多くて、違和感を感じます。



ぼくも、ライティングに関することも、興味があり、
情報商材も、過去に3つほど買いました。

確かに、「おおお」と、思うテクニックなど、「なるほど」と、思う点もありましたが
ですが、結局うまくいきませんでした。


何かが足りなかった
でも、思うんです。


 ---あなたは、楽しんでますか?
 ---楽しくて、楽しくて、しょうがなく、記事を更新してますか?



これこそが、ライティングの岩盤になるのではないでしょうか?
実は、テクニックを聞いていても、最終的にはうまくいかないんですよね

何でかというと

僕は、建築関係(設備)の仕事をしてますが、
いくら、建築のプロが集まって、最高の技術を持ち合わせたとしても、
岩盤が、ぬかるみだったら、建物は建たないんです。

この土台のキモとなるのが岩盤です。
テクニックを学んでも、岩盤となるものがなければ、うまくいきません。


「書けない」が「書ける」に変わった瞬間
楽しくなければだめですね

楽しくないと
続かない、続かないと結果が出ない、結果が出ないとやる気がでない


この悪循環にはまってしまうんです。

ブログを始めてる方の「決まり文句として」
さて、今日は何を書こう
あなたも、そんな、言葉が出てるのではないでしょうか



僕が大事にしてるのがリサーチすることですね。

書こうと思ったテーマについて一度書いて、
そのテーマの焦点を合わせて、再度リサーチしていきます。

あえて、もう一度情報をもんでいきます。
それによって、新たな発見を見つけたり、学びがあったりします。

これって大きな成長で、ほんとう、楽しくできますね
独自性がある、記事を書いていくには、「楽しんで書く」に、気が付きました

ですので、自分の知識がないから、書くことが見つからないと思はないで、
アウトプットするために、どんどんインプットしていくと、楽しく出来るとおもいませんか


ある程度、文章が書ければテクニックは必要ない気がします。
「分からないからこそ書く!」と、意気込んで楽しく更新していきたいですね