パンダアップデートは、本来のあるべき姿

パンダアップデート

Googleのパンダアップデートは、2012年7月18日に、日本語版と韓国語版でも開始したと、
伝えてられてるおります。
米国では、去年の2月からから実施されてるようでしたが、いよいよ、日本にも導入されましたね(*_*)



実際、どこまで、影響を受けてるのか、良くわからないとこはありますが
Google ウェブマスター向け公式ブログ
Google 検索が、高品質なサイトをよりよく評価するようになりました



パンダアップデート!
Googleのアルコリズムである、パンダアップデートの特徴としては、
価値がないサイト(低品質のコンテンツ)を、検索結果の順位を下げると、言うことですが

価値がないサイトで、一番に思いつくのが、記事の自動生成ですね
自動プログラムによって、文字配列を調整した、コピペコンテンツの量産です。

もう、この辺は、悪質な部分なので、このようなサイトは上位にには浮上して来ないでほしいですね



具体的なターゲットとしては、

自動生成と同じことが言えるのですが、他サイトからのコピーペースト、
要するに、オリジナとしてみなされないサイトです。


又、広告ばかりのサイトも、影響受けるそうですので、
配置する適正な場所も考えなければならないでしょう

広告をメインになって、誘導してるのであれば、対策が必要です。


更に、投稿をメインで掲載してるサイトも気をつけなければならないようです。
ですが、投稿することは悪いのではなく、極端に投稿がメインになってるサイトが問題だと思います。


その他にも、コンテンツの薄いサイトも、ターゲットになるようですが、何処までが、薄いサイトなのか、薄いサイトでも、良質なものもあると思われるので、境目が難しいです。

少なくても、リンクを送るために作成した、ペラサイトは問題だと思います。



基本的に、
2012年7月18日から開始されておりますが、現時点では、
大きく影響が、出てるのか?、出てないのか? 良く判らない部分もありますが

今後の展開としては、どんどん変動するでしょう
これからのアップデートで、更に激しくなることは想定できます。



とは言っても、
パンダ・アップデートに関しては、自分の言葉(オリジナル)で、サイトを構築して行くことが、
最大の対策になるのではないでしょうか



価値あるサイトを守るのが・・・・・・
と言うより、「価値のある品質の高いサイト」が、評価を受けるたもの、
アルゴリズムだと思います。

まとめると

  1. サイトテーマに沿った、独自性(オリジナル)の高いコンテンツを評価
  2. 内容に適合して、リンクの配置してるコンテンツを評価
  3. 一般ユーザーが「欲しい情報」を配信してるコンテンツを評価

他にもあると思いますが、主にこの3つがポイントになるんじゃないでしょうか



Googleの目的は、最も有益な情報を提供したい!

ペンギンアップデートでも、お話しましたが、とにかくGoogleは、一般ユーザーにとって
良い物を検索結果に表示させたいわけです。

Googleの最も大きな収益源である広告等を、飛躍するためにも、一般ユーザーが、

「やっぱり、Googleの検索表示は、役に立つわ」・・・・(^^♪

と、思われる必要があります。



しかし、現状はその限りではなく、満足できるような検索表示ではありません。
ですので、ハッチャキになってるのごが、現状です。



今後、このパンダアップデートの動向は気になる部分ではありますが
先ほどの、「3つのポイント」を、中心に展開していくことが重要になると思います。



ただ、今後も含めて、大きく影響を受けしちまうのが「ECサイト」「アフィリエイトサイト」
なのではないでしょうか


「ECサイト」としかり「アフィリエイトサイト」しかり、結局、コピー記事にゆだねてる部分が多いサイトは、大きく影響されてるようです。



どちらにせよ、自分の言葉で掲載することがカギになるようです。