6パートデザインとは】デザイン



戻る

ほとんどのWebサイトで行われている読みやすく、構成が把握しやすい6パートデザインを基本的に採用。
(※3カラムのデザインもあり)

ロゴ部分で、独自性を出し、よくアクセスされる上部のメニュー(ナビ)、左及び右にメニュー、右及び左にコンテンツ、ページ末尾に、他のページへのリンクするナビ2と、フッターの構成です。


6パートデザイン構成

6パートデザイン構成

6パートデザイン




  • ロゴ部分

ページの一番上に常に表示されている、ロゴ部分
画像やキャッチコピーを入れて独自性を出して、ホームページの印象を決める




  • ナビ部分

最もクリックされる確率が高いところで、全てのページに表示されますので、
最も読んでもらいたいページへのリンクを作っておくと効果的です。




  • メニュー部分

ホームページ内の全ての情報を、縦に整理して並べます。
様々な情報を解りやすいよう、ツリー状態にまとめ、目的の情報を探し出しやすい




  • コンテンツ部分

コンテンツ(本文)の部分です。
様々なコンテンツを作成して、表示される部分です。




  • ナビ2部分

コンテンツ(本文)最下段の下、に位置するものが、ナビ2です。
複数行にわたってリンクを作っても、全然邪魔になりません。



  • フッター部分

会社、お店、屋号などを、入れておくことができます。




QHMプロで作成した6パートデザインのホームページは・・・

QHMで作成したホームページは、
コンテンツの部分だけが切り替わり、メニュー・ナビなどは常に表示される仕組みになっております。


つまり、「ロゴ」「ナビ」「メニュー」「ナビ2」「フッター」は、
画面が切り替わっても常に表示されており、自動的にリンク状態となっております。


ですので、内部リンクが簡単に出来るので、検索エンジン対策にもなります。





QHMプロの機能一覧


QHMプロとは
プラグインとは(拡張機能)
充実のマニュアル
簡単インストールシステム機能
各種設定について
バックアップ機能
編集・更新
超簡単な新規ページ追加
自動でメニューを更新
簡単に装飾をする
入力支援機能
超簡単な画像添付

6パートデザインとは
デザインテンプレートの特徴
簡単にデザインのチェンジ
セールスレター型デザインの特徴
スマートフォン用デザイン
文章テンプレート
検索エンジン対策とQHM
検索エンジン対策の自動機能
検索エンジン対策その他の機能
マーケティングに最適な機能
外部サービスとの連動
外部のショッピングカートと連動

ポップアップで画像表示
スライドショーで画像表示
動画・音声を公開する
独自のメールフォーム機能
ファイルマネージャー(SWFU)機能
独自短縮URLシステム(FWD3)
レイアウト機能
簡易ブログ・簡易掲示板
その他の機能