独自ドメインを(取得)取るための4つの注意点


独自ドメインの必要性

ネットでビジネスを展開するには、独自ドメインが有効です。
要するに、SEOに強いのが独自ドメインとなります。



SEOで大きなポイントでもある、キーワード選定がありますが、
その中で、同じキーワードから同じでメインが表示されにくい点があります。



ドメインは、 検索結果に同じドメインを2個までしか、
同ページに表示しないと言う、ルールが存在します。



どういう事かというと、
Googleではアルゴリズムで、2件目以上は表示されにくくなるように、設定されてるようです。



では、サブドメインはと言うと、
これも同じで、 同一ドメインとして扱われるようになっております。



ですので、無料ブログで提供してるサブドメインなどは、上位で検索結果に表示しにくく、
相当のリスクがあることになります。



リスクト言えば、他にもあって、せっかく育てたドメインであっても、レンタルサーバーや無料ブログで提供してるドメインは、閉鎖などの理由で、使えなくなる場合もあります。



そもそも、サイトの評価の条件としても、ドメインの取得がありますので、
独自ドメインを取得した、webサイトが検索エンジンに好まれることになります。



ですので、ビジネスを展開するのであれば特に、自分だけの独自ドメインを取得して、
webサイトを作り上げることが、間違いなく良いかと思います。



費用的にも、年間1,000円位で取得できますので、
独自ドメインの取得を、絶対にオススメします。




独自ドメインの4つの注意点


独自ドメインを取得するなら

  1. ドメイン事業者を選ぶのに大切なのが、Whois
    Whoisとは、ドメインを取得した場合に、ドメイン登録情報を誰でも確認出来るように、
    インターネット上に公開されることを義務付けられております。


    ですが、個人情報が公開されることを懸念して、ドメイン代行者の登録情報を公開してくれてるドメイン代行事業者をお選びすることが良いと思います。


    ほとんどが、この様な情報公開の代行ができるようですが、
    まれにこの限りではないような事業者もあるようです。



  2. 過去にペナルティを受けてないかチェックする
    まれに、新規で独自ドメインを取得したときに、
    ペナルティを受けてるドメインがある場合もあります。


    仮に、ペナルティを受けたものだとしても、Googleの再審査リクエストで事情を説明すると解除してくれる場合もあります。が、できれば取得する前に確認しておきましょう。

    因みに、古ドメインの場合は、基本的にGoogleのガイドラインでは禁止になっています。
    信頼できる所でない場合は、3分2位使えないドメインになってしまう様ですので、
    気をつける必要があります。



  3. 日本語の独自ドメインを取得する
    最近は、日本語ドメインも、多く見受けられ、取得に当たっては、
    キーワードとなる日本語ドメイン名にすることで、SEOにも良い対策になるかと思います。



  4. キーワードを独自ドメイン名に入れる
    ドメイン名にキーワードを含ませることによって、SEOにも有利になります。

ただ、英語の場合にしろ、日本語にしろ、「狙ったキーワードをドメイン名に盛り込む」については、
要因の1つですので、以前に比べても効果が薄くなってるようです。

逆に、狙ったキーワードのドメインの質が悪ければ、
マイナス要因になるようなアルゴリズムに、今後の展開として変更する話も聞きました。





独自ドメインの所得のまとめ

SEOの観点から、キーワードを含むのも、ポイントになると思いますが、
あまり極端にこだわる必要もないかと思います。

複数のドメインを取得するのであれば、特に、独自ドメインの一元化が良いと思います。

そう言った意味では、管理画面の使いやすさいのも、選ぶ要素になると思います。
その他にも、無料でサーバーを提供してるなど、様々なサービスも提供してる事業者もあります。