活発なサイトは、やっぱり強い!更新進度とSEOの関係


画像の説明 活発なサイトは、やっぱり強い!更新進度とSEOの関係

頻繁に新しい情報を発信することで、リピーターの訪問者も促進して、アクセス数にもつながることは、言うまでもありませんが、更新進度の高いサイトはSEOにも強い



更新進度とSEOの関係
サイトを更新する場合は、2つの方法があります。

  • 新規に、新しいページを作成しての更新
  • 既存のページの編集(修正)しての更新

どちらも、更新をするに当たって、検索エンジから好まれる要因の1つです。


更新進度が高いサイトは、「最新の情報が掲載されてるサイト」と、「常にサイト管理されてる」と、
認識され、SEOの評価が期待できます。

但し、要因の1つなので、更新すれば全てが上位表示されると、いう訳ではありません。
古い記事でも、上位に表示されてるサイトも多々あります。




良質なコンテンツ内容を持つサイトを高く評価する!

要するに、更新しないより、更新した方が、断然、検索エンジンに好まれるということです。


検索エンジンは、良質なコンテンツ内容を持つサイトを高く評価します。
パンダアップデートなでもそうですが、Googleのアルゴリズムでも、良質なサイトを求めています。

良質なコンテンツとは言っても、様々あるでしょう。当然、更新進度の高いサイトも含まれます。



更新進度を高めるには、効率差が求められる
QHMの1番の特徴である、「超簡単に更新」です。
再三言われるる特徴ですが、ブログを更新するように、簡単にできてしまいます。


様々なホームページ作成ソフトにも「メリット・デメリット」はあり、興味も持ちますが
私の場合、最終的に、「簡単にページが作成出来る」と言う、ところに帰ってきてしまいます。

QHMのもう1つの特徴!

QHMプロでは、更新の際、「タイムスタンプを変更しない」を選択できます。


どういう事かと言うと、
「更新情報をRSS配信する」「サイトの更新履歴を更新する」ことを意味します。

メリットと言えば、既存のページを何度も更新したり、大量に更新することを防ぐことができます。
更新進度が高いことは、いいことですが、極端にすると、逆効果にもつながります。

ですので、状況に応じて、更新することができるのが、大きな魅力になります。
デメリットも踏まえ、良質なサイト運営に心がけ、取り分け、2週間に1度位は、更新することが良いと思います。



まとめ

  1. クローラーの巡回頻度が多くなる
  2. 検索結果が上位表示に期待が持てる
  3. ページが増えることは、その分検索されやすい
  4. 情報量の多い良質なサイトと認識される。