検索エンジン対策の自動機能



戻る

Quick Homepage Makerは、自動的に検索エンジン対策に有利なサイトが作られるように工夫されています。

QHMで実現する簡単検索エンジン対策の6つのポイント

  • 正しいXHTMLで、しっかりと読み込まれる
  • 日本語でリンクを作成可能で、URLがキーワードを含む日本語表示
  • 本文部分が、先に読み込まれる設定
  • 自動リンク機能で、内部リンクが自然にサクサク増える
  • すべてのページに、「タイトル」「説明」「キーワード」が挿入される
  • ナビ部分は、箇条書きを利用している


自動的に検索エンジン対策

W3Cに基づいた正しい文法でサイト作成

システムが自動的に「間違いのない」XHTMLに変換

検索エンジンは、データを読み取り、その情報をデータベースに整理して格納します。

この時、HTML文法に間違いがあると「読み込みを途中でストップ、重要語句を読み違える」など、正しく読んでもらえません。

検索エンジン対策の基本は、正しいHTML文法で作ることです。

入力情報をシステムが自動的に「間違わないXHTMLに変換」するので、あなたは、ただ文章を書くだけで、自動で正しくXHTMLを作成します。

文法エラーがなければ、確実に検索エンジンにホームページ内容を読み込んでもらえます。

タイトルの自動挿入

自動的にすべてのページに

ページのタイトルタグは、必須です。
QHMが自動的に「ページ名 - サイト名」の形式で挿入するため、検索エンジンにしっかりと認識され、一つの統一されたサイトとして認識されることを助けます。

各ページ毎に設定しなくてもQHMなら一発で全てのページに反映します。









日本語URLはSEOに有効

URLが、キーワードを含むようにできる

日本語でリンクを作成可能で、新規ページを作成すると、そのページ名がアドレスに含みます。

URLに日本語が含むキーワードは、SEOに良いといわれており、URL自体が検索エンジン対策の役割も果たします。

※「Firefox」や「GoogleChrome」などのブラウザなら、アドレスバーに日本語が表示されます。

キーワードの自動挿入

自動的にすべてのページに

全てのページに、共通キーワードを設定します。
何もしなくても、サイト全体の共通キーワードが挿入され、検索エンジンに認識されます。

各ページ毎に設定しなくてもQHMなら一発で全てのページに反映します。



正しいHTMLタグの使われ方

何も考えず編集するだけで内部SEO対策

ページでは、h1タグから始まり、h2タグ、h3タグとタグの構造が一貫していることが求められることから、QHMでは、自動的に正しい順序でタグを使います。

また、大事な語句には、strongタグを使うことを推奨されており、ただ普通に作成すれば、これらの正しいタグの使われ方を自然と実行します。

さらに、メニューより先にコンテンツ「本文」が読み込まれる仕組みになっております。

サイト説明の自動挿入

自動的にすべてのページに

サイトの説明も同様に、共通のサイト説明が自動的に設定されます。

これらも検索エンジンに重要な情報として認識されます。
あなたは、ページ毎に書かなくても、QHMが自動で挿入します。

各ページ毎に設定しなくてもQHMなら一発で全てのページに反映します。



自然と内部リンクが増える仕組み

自動リンクで、サクッとページが作れる

メニュー、ナビ(ロゴの下の水平メニュー)、ナビ2(末尾の水平メニュー)は、すべてのページに表示されます。つまり、すべてのページと内部リンクする為、リンクが増えSEOにも有効です。

さらに、重要キーワードでページ名を作ると、そのページ名と合致する文章中のキーワードが、現れると、自動的にリンクを設定します。

「自動リンク機能」よって、手間無く内部リンクを増やせる事ができ、検索エンジンにも有利なサイトが作れます。

ナビ部分は、箇条書きを利用

箇条書きでキレイに配置

ページの上部に、重要なページへのリンクをナビゲーションする部分を、HTMLのリスト構造で作ることが一般的です。

Googleもこのリストを重要視し、検索結果の表示に利用しています。

QHMのナビ部分は、箇条書きでキレイに配置されるように作られています。








QHMプロの機能一覧


QHMプロとは
プラグインとは(拡張機能)
充実のマニュアル
簡単インストールシステム機能
各種設定について
バックアップ機能
編集・更新
超簡単な新規ページ追加
自動でメニューを更新
簡単に装飾をする
入力支援機能
超簡単な画像添付

6パートデザインとは
デザインテンプレートの特徴
簡単にデザインのチェンジ
セールスレター型デザインの特徴
スマートフォン用デザイン
文章テンプレート
検索エンジン対策とQHM
検索エンジン対策の自動機能
検索エンジン対策その他の機能
マーケティングに最適な機能
外部サービスとの連動
外部のショッピングカートと連動

ポップアップで画像表示
スライドショーで画像表示
動画・音声を公開する
独自のメールフォーム機能
ファイルマネージャー(SWFU)機能
独自短縮URLシステム(FWD3)
レイアウト機能
簡易ブログ・簡易掲示板
その他の機能




a:1334 t:1 y:0