内部リンクも検索順位を決定づける重要な要素


画像の説明 内部リンクも検索順位を決定づける重要な要素

被リンク対策と言えば、外部リンクに目が行きがちですが、内部リンクも重要な位置を占めてるので、見逃せません。

QHMプロは、リンクを貼るのに非常に「簡単&サクサク」に行えます。
QHMでは、「簡単にページをサクサク作れる」のが、特徴の1つです。
要するに「ページ名」を書くだけで、新規ページが出来るの早業です。

ここが、ポイントで、作成したページは、今後、本文中に「ページ名が」現れるたびに、自動的にリンクとして、判断されます。

当然、ページ名を書いたものが、そのまま「アンカーテキスト」になります。
ですので、内部リンクが自動的に作成されることになるので、被リンク対策としても、もってこいです。




では、SEO効果を発揮する内部リンクとは
内部リンクの充実はSEOに効果
内部リンクを充実させることは、SEOにとって意味があります。

外部リンクを観点から見れは、「8:2」と言われておりますが、正しい内部リンクを貼ることで、SEO効果も最大限生かせます。

  1. 「アンカーテキスト」として内部リンクを貼ることが効果的!
  2. 関連性の強いページからの内部リンクが効果的!(関連性が高いアンカーテキスト)
  3. 内部リンクを貼る場合は、ページランクが高いページを貼ると効果的!
  4. 本文(コンテンツ内)に、内部リンクを自然に盛り込むことで、重要度が増して効果的!
  5. サイト全体をトップページから3クリック以内で到達するように、内部リンクの構成が効果的!
  6. 1ページあたりの被リンクを「20より30」「30より50」と多くするのが効果的!
    ※Googleのガイドラインで、以前「100という具体的な数字」が書かれてましたが、今は、「妥当な数に抑え」ると修正しています。
    ですので、あまり極端に多くしない方が良いかもしれません(50位が妥当とよく耳にします)