タイトル、説明文、キーワード等は、必見とおもえ!


画像の説明 タイトル、説明文、キーワード等は、必見とおもえ!

内部対策の中でも、検索エンジンロボットが巡回した時に読み取ってくれる「Meta Tag(メタタグ)」ですが、「<title><description><keywords><h1><h2>」など、最適化する必要があります。

「Meta Tag(メタタグ)」の最適化!
今では、「タイトル、説明文、キーワード、ヘットコピー」は、必要不可欠なのは、
ご存知な方も多いでしょ。

ロボット型検索エンジンのスパイダーが自動巡回した際に、集める情報になり、検索順位に影響します。

「Meta Tag」の要素だけで、検索順位に大きく変化するものではありませんが、
キーワード含ませた「title」「h1」を行うのは、絶対条件です。



自動挿入は当たり前!
多くの、市販されてるホームページ作成ソフトでも、「Meta Tag」は、自動化されており、
今では、特別なことではないかもしれません。 むしろ、当たり前ではないでしょうか


当然、QHMでも、すべてのページに、「タイトル」「説明」「キーワード」が自動的に挿入される仕組みになってます。



一歩先ゆくSEO対策

QHMのすごいとこは、各ページに「タイトル、説明文、キーワード、ヘットコピー」を個別に
設定できる点です。

タイトルで言えば、
「○○○○|サイトタイトル」(ページタイトル+サイトタイトル)の構成
「○○○○」 (ページタイトルのみ)の構成

と、2通りの<title>設定が可能になります。


これは、大きなSEO効果につながります。

通常は、ページを作成した場合「○○○○|サイトタイトル」の構成になるかと思いますが
ページの内容によっては、サイトタイトルが邪魔になる場合もあるでしょ。
また、再更新する場合など、ページランクを損なはないで、タイトル変更したい場合があるでしょ。

このように、タイトル意外にも、説明文などを、ページ内容に合わせた「SEO対策」を行えて、
しかも、編集画面の先頭にタイトルを書くだけで、簡単にできるので、わずらわしさを感じさせません。

これは、大きな大きな武器になるでしょ!