「スクリプト」「メタタグ」「CSS」の設定する方法




スタイルシート(css)を、直接修正しないで、変更する方法

編集画面で、CSSを記述する事で、変更する事が手軽にできます。
以下の、3つの方法がありますので、それぞれあったものを選んで下さい。


「サイト情報の設定」にある「その他のタグ」に記述する場合

<style type="text/css">
<!--
ここのスペースに、CSSを記述します。
-->
</style>

「その他のタグ」の特徴

  • 全ページに反映させたい時に記述します。
  • 記述したタグは、<head>タグ内に入る事になります。

「ナビ2編集」に記述、及び「ページの編集」に記述する場合

#beforescript{{
<style type="text/css">
<!--
ここのスペースに、CSSを記述します。
-->
</style>
}}

「ナビ2編集」の特徴

  • 全ページに反映させたい時に記述します。

「ページの編集」の特徴

  • そのページのみに反映させたい時に記述します。

複数の、特定のページのみに反映させたい場合

#beforescript{{
<style type="text/css">
<!--
ここのスペースに、CSSを記述します。
-->
</style>
}}

反映したいページに、記述したタグを読み込む方法です。

「:」を付けたページ名で、新規ページを作成をします。
作成したページに、左のタグを記述します。

反映したいページに下記の「おまじない」を記述します。

#include(:css,notitle) ページ名は仮「:css」

これで、複数の特定のページのみ、反映する事が出来ます。


直接CSSを修正して、スタイルシートを変更する場合は、

「main.css」の中に、スタイルシートが記述されてます。
ので、この中を修正します。
「skin」~「hokukenstyle」~「デザイン名」~「main.css」




「#html」プラグインを使う方法

QHMで、HTMLを直接入力させたい場合に使うプラグインです。

#html{{
(ここにHTMLタグを挿入)
}}
  • HTMLタグを使うときに利用します。
  • #htmlで記述したものは記述した位置に入る
#html{{
<script language="javascript">
この中にjavascriptのscriptが入ります。
</script>
}}
  • HTMLタグの、javascriptを記述する場合
  • 記述したページに適用


「#beforescript」プラグインを使う方法

headタグ内に、(javascriptやcssの定義)などを、埋め込む時に使います。

#beforescript{{
この中にjavascriptのソースを書く
}}
  • Javascriptを使う場合に利用します。
  • #beforescriptは、<head>タグ内に出力されます。

「#lastscript」プラグインを使う方法

bodyタグ内に、(javascript)などを、埋め込む時に使います。

#lastscript{{
この中にjavascriptのソースを書く
}}
  • Javascriptを使う場合に利用します。
  • #lastscriptは、</body>タグの前に出力されます。

「#addacc」プラグインを使う方法

GoogleAnalytics、GoogleAdwords、のコンバージョン計測を利用する場合

#addacc{{
ここにコンバージョントラッキングコード
}}
  • コンバージョントラッキングを記述します。
  • ページ毎にアクセス解析を導入(そのページのみの解析)
  • #addaccは、</body>タグの前に出力されます。

全ページ、アクセス解析をする場合は、アクセス解析用のタグスペースに入力
「サイト情報の設定」にある「クセス解析のタグ」に記述


<head>
#beforescriptで記述
</head>

<body>
#lastscriptで記述
#addaccで記述
</body>